「アイアンマン2」「スパイダーマン4」ほか、マーヴル映画着々進行中 〜News Headline 09.3.31

<マーヴル映画、プラン続出>
マーヴルスタジオで製作予定の映画のスケジュールが練り直され、改めて発表されました。全体的にちょっと時期の繰り下がりがありますが、すべての映画において製作は着々と進んでいるようです。マーヴル映画のスケジュールはComing Soon Indexでチェックできます。
また交渉が膠着していた「アイアンマン2」も主要キャストが決定し、盛り上がってきました。
こうなると逆にDCコミックスの映画化がまったく動かない沈黙状態も、逆に気になるところですが。

・Marvel Movie Update: New Release Schedule!
マーヴルスタジオの映画公開日変更のオフィシャル情報です。[Marvel.com]



・ミッキー・ローク、ついに『アイアンマン2』出演契約!スカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドー役も決定
出演交渉が滞っていた2大スターの参入が決定しました。ミッキー・ロークの役どころが気になります。ナターシャがらみでロシア出身の悪者?[シネマトゥデイ]



・マーベルが自社キャラ映画化に向け脚本家大募集
アメコミの映画化は制限も多いし、これならウケるという勝利の方程式もないですから、新しい才能にも多いに期待したいですね。
そた様から教えていただいた情報です。ありがとうございました![VarietyJapan]



・サム・ライミ監督、「キルステンなしにスパイダーマンはあり得ない」マーヴルスタジオではなくソニーピクチャーズで製作している「スパイダーマン4」も公開予定日が繰り下がっていますが、製作は進んでいます。キャストは本当に変わらないのか、今後が注目されます
[eiga.com]



・スーパーヒーロー映画『ファンタスティック・フォー』が再映画化
「ファンタスティック・フォー」はマーヴルスタジオではなく、FOXで製作しています。キャスト総替えで再立ち上げを検討しているそうです。
藤原様から教えていただいた情報です。ありがとうございました![シネマトゥデイ]



・MarvelのスーパーヒーローMMORPGは2012年登場予定? 子供向け新作MMOの登場予定も
映画の盛り上がりに向け、マーヴルのオンラインゲームも立ち上げ予定だそうです。[4gamers.net]



<その他のニュース>

・タイのスパイダーマンが3階の窓から離れなくなった自閉症の子どもを救出
コミックを地でいく、なんといういい話。[Gigazine]



・“大物”くりぃむしちゅー有田が3強ヒーロー応援歌熱唱!「紅白&武道館目指す!」
[Cinema Cafe]



・最新ムービーもアップ! 『Batman: Arkham Asylum』最新情報
バットマン最新ゲーム、かなりの出来みたいです。コミックとカートゥンと映画の世界観が混じった感じがいいですね。[ファミ通.com]



<今週の動画>
4月から、米が放映が開始されるアニメシリーズ「アイアンマン:アーマード・アドベンチャーズ」の予告編。CGIアニメで、トニー・スタークはティーンエイジャーという設定です。


おまけで、96年放映の「アイアンマン」アニメイントロ。改めて観るとトニー・スタークの髪型もすごいですが、あまりにも手造りなアーマー鋳造が逆に新感覚。
2009-03-31 - Mitsuoka - Category: What's New- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

「ウォッチメン」レビュー 〜コミック読者としての視点から


■原作の再現度とビジュアルは一見の価値あり。
 ただこれが良作か駄作か、判断は難しい


 『ウォッチメン』のレビューを書くのは難しい。レビューを書くたび毎回、書いては消し書いては消しの繰り返しをしてきた。そしてこの書き出しでも同じことをやるはめになっている。

 私は『ウォッチメン』を3回観たが、この映画をけなしたいのか、褒めたたえたいのか、「まあまあだったね」などとスルーしたいのか、いまだに判断がつかない。

 では人にすすめられる映画か、すすめられない映画か。この判断ならもう少し簡単にくだせる。
 原作を読んでいる人にはおすすめ。原作者なみに脳内で作品世界を構築している人でもなければ、イメージを壊される恐れもないだろう。
 『シン・シティ』や『300』にさらに時間とお金をかけた具合だといえばおわかりになるだろう。一コマ一コマの美麗な映像化は、まさに「見もの」であることは間違いない。

 コミックを読んでいない人も、こうしたジャンルに興味があるならば観て損ではない。
 スケールが大きく、ビジュアルも美しい作品で、良いキャストも揃っている。ヒーローたちのコスチュームや装備はなかなかカッコいいし、この手のものが好きな人なら気に入るだろう。
 ただ、原作コミックでは現在と過去がカットバックしながらストーリーが進む箇所があるが(日本の漫画にもよくある手法ですね)、これを映画にそのまま移し変えた結果、ストーリーが少々追いにくいものになっているようだ。
 また、アメコミヒーローものの常として、登場人物には名前が2つある。本名がダニエル(ダン)・ドライバーグ、コードネームがナイトオウルといった具合に。2つの名前が交互に呼ばれると、このルールに慣れているはずの私でもちょっと混乱する。しかもそれが一人じゃなく何人もいるんだから…
 原作をよく知らずにこれから観る人は、まずネットで予備知識を仕入れるか、劇場でパンフレットを買って、登場人物の名前と設定をある程度、頭に入れてから観る事をおすすめしたい。

 さて『ウォッチメン』をけなすべきか、ほめるべきかという問題。結局、私には判断がつかない―というより、その判断は私には必要ないと思うようになってきた。その理由を述べる前に、まず映画としての批評からはじめようと思う。 [続きを読む...]
2009-03-29 - Mitsuoka - Category: 映画封切り情報- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

映画秘宝2009年5月号は「ウォッチメン」特集です[告知]

映画秘宝 2009年 5月号
映画雑誌「映画秘宝」5月号は「ウォッチメン」とアラン・ムーア特集!
「キミはアラン・ムーアを知っているか?セックス&バイオレンス&ポリティクス!!-『ウォッチメン』とアメコミ劇画の世界!!」
 柳下殻一郎さん(現在「フロム・ヘル」絶賛翻訳中!)による構成です。 

執筆陣:
柳下殻一郎
石川裕人 
小田切博
堺三保
光岡三ツ子(PlanetComics.jp)

他にもてらさわホークさんによる今後のアメコミ映画の動向や、「アイアンマン」DVDレビュー、ギンティ小林さんによる8月公開「ウルヴァリン」のヒュー・ジャックマン インタビュー、そして他ではほぼどこも取り上げないと思われる4月公開「パニッシャー」など今月号も見応えあり!

追記・・・「知られざる漫画版『ハルク』の秘密ー劇画界最高のエンターティナー小池一夫伝説・復活!!」も必読です!
2009-03-28 - Mitsuoka - Category: 国内ニュース- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

タワーレコード渋谷店で「ウォッチメン」キャンペーン実施中

タワーレコード渋谷店の7F、TOWER BOOKSにて「ウォッチメン」の関連書籍やグッズを集めた特設コーナーが
設置されています。
3月20日(金)から、原作コミックや映画本(洋書)など対象商品を購入すると、大人気のあの“血のついたスマイルバッジ”をプレゼントするキャンペーンを実施しているそうです。
詳細はタワーレコード販促ブログ「TOWER BOOKSキャンペーン情報 映画「ウォッチメン」キャンペーン開催中!」でご確認ください。まだバッヂがあるかどうかは…わかりません。


2009-03-23 - Mitsuoka - Category: 国内ニュース- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

3月18日(水)から、原宿ブリスターにて「ウォッチメン・フェア」開催

東京都・原宿にあるUSトイとコミックのショップ「ブリスター」から、映画公開先取り「ウォッチメン・フェア」のお報せです。

<ブリスター Information>



この度、2009年3月28日(土)からの全国公開に合わせ、3月18日(水)〜31日(火)、ブリスター原宿店にて映画「ウォッチメン」のフェアを開催!
関連グッズの販売、劇場限定グッズの先行販売、激レアなノベルティグッズのプレゼントなど、
盛り沢山!誰がウォッチメン・フェアを見張るのか…それは、ご参加いただくアナタです。

 詳細は、BLISTER特設ページでご確認ください。

ブリスター
[住  所] 東京都渋谷区神宮前4-31-6
[営業時間] 11:00 - 20:30
[電話番号] 03-5412-0911
[アクセス]
JR原宿駅:徒歩3分
東京メトロ明治神宮前駅:5番出口より徒歩3分(千代田線/副都心線)
東京メトロ表参道駅:A2出口より徒歩8分(銀座線/千代田線/半蔵門線)
2009-03-16 - Mitsuoka - Category: 国内ニュース- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

「ウォッチメン」の日本でのキャンペーンサイト

いよいよ3月28日の公開が迫る映画「ウォッチメン」。ウェブキャンペーン等の紹介です。

livedoor Blogでは、「ウォッチメン」デザインテンプレート2種が公開になりました。
使いやすそうなレイアウトです。こちら

Nifty.comのウォッチメン特集ページではブログパーツを配布中。スマイルにドゥームズデイ・クロックを組み合わせたオリジナルな出来です。後日バージョンアップ予定だそうです。



このブログパーツの下にある「ニューフロンティアズ・マン」をクリックすると、キャンペーンサイト(日本版)に飛びます。
このサイトでブロガー登録すると、自分の書いたブログがサイト上で公開され、映画を応援することができ、プレゼント応募などもできるそうです。

それよりも、登録すると、数々のメイキングビデオ(ウェビソード)の日本語字幕版が観られるのがうれしいところ。
また、壁紙や画像のダウンロードもできます。

ちなみにニューフロンティアズ・マンとは、ロールシャッハが愛読している新聞。作品世界では右翼的で過激な内容で知られているようです。また、自警団擁護の立場もとっています。
この新聞のバイラル・サイト「The New Frontiersman.net」は別にあります。こちらは英語のみ。

最新情報は、「ウォッチメン」公式ブログでチェックできます。
2009-03-15 - Mitsuoka - Category: 国内ニュース- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

「ウォッチメン」北米にて封切り


 20世紀アメコミのマイルストーンとされる名作の映画化『ウォッチメン』が3月6日、北米にて公開になりました。映画はR指定(※17歳以下は大人の同伴が必要)、2時間47分の長尺、原作の知名度が一般的に高くなく、スターの出演は無し、というハンデを乗り越えて、3月6日〜8日のウィークエンド・ボックスオフィスで全米第一位にたちました。

 オープニング週末3日間の興行収入はおよそ5,570万ドル。この数字は、3作あるアラン・ムーア映画の中ではダントツのヒット記録です。
 それも当然、本作はアラン・ムーア原作映画としてはもちろん、R指定映画としては過去最大の3611館で封切られています。

 しかしザック・スナイダー監督は、かつて『300』の映画化の際、今回と同じような条件ながらオープニング・ウィークエンドで7,090万ドル稼ぎ出しており、そのためにちょっとハードルが高くなっていた期待値までは届かなかったそうです。
 コアなリピーターがどれだけつくかに今後の成績がかかってくるという見方もされているそうです。

  米Yahoo! Moviesでの観客による評価は、現時点で「B-」(A+〜F-までの18段階評価)。原作の存在感は大きく、どうしても「コミックに比べてどう感じたか」という評価になりがちのよう。そのせいか、高評価と低評価がかなり極端に分かれているようです。

 映画批評サイトRottenTomatoes.comでも評価が分かれていることを証明するように、トマトメーター(各メディアに掲載された批評から良い評価の割合を割り出した目安)は65%です。
 こちらの「まとめ」によると、「『ウォッチメン』は気骨がありヴィジュアル的に素晴らしい。アラン・ムーアによる原作グラフィック・ノベルに忠実に沿った出来だが、複雑な構成は原作を知らない観客には難しく感じられるだろう」とのこと。
 
 出張版ウォッチメンブログ更新中!

【日本語版コミック】ユーロマンガ Vol.2

LINK

ユーロマンガ vol.2


ヨーロッパのマンガおよびマンガ事情をお伝えする『ユーロマンガ』の第二弾が満を持して登場!
カラーを贅沢に用いたユーロマンガの精華を存分に堪能せよ!
ラインナップは第一号に引き続き、キュートでポップなSF『スカイ・ドール』、クールな世界観で吸血鬼一族の抗争を描いた『ラパス』、ご存知黒猫探偵の活躍を描いた『ブラックサッド』、そして天才絵師ニコラ・ド・クレシーが超絶技巧で送る奇譚『天空のビバンドム』。第一号と今号を併せて各話ともオリジナル版の一巻分が完訳。注目は第3巻が完結する『ブラックサッド』。はたしてブラックサッドは恩師でもある科学者を迫る魔の手から救い出すことができるのか !?
記事もますます充実! 日本ではまだあまり知られていないイタリアのマンガを大特集! BDの大スター、メビウスとエンキ・ビラルも紹介する。これを読めばヨーロッパのマンガに詳しくなること間違いなし! さあ、海外マンガを盛り上げよう!!

【掲載作品】
SKY-DOLL [Part 2]
RAPACES [Part 2]
BLACKSAD [Part 2]
BIBENDUM CELESTE [Part2]

【記事】
「イタリアの漫画」
ジョルジャ・カテリーニ = 文

「アングレーム国際マンガ祭」
フレデリック・トゥルモンド = 文

「BDの巨匠たち:メビウス、エンキ・ビラル」
原 正人 = 文

関連Link>> EUROMANGA.jp

2009-03-08 - Mitsuoka - Category: 日本語版コミックス- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加

「X-MENオリジンズ:ウルヴァリン」最新予告編

映画『X-MENオリジンズ:ウルヴァリン』(日本では8月公開予定/公開タイトル不明)の、最新トレーラーです。

Movie Trailers - Movies Blog


大勢のキャラクターがほぼ登場していますが、トランプカードを操り、棒術が得意なキャラクター「ガンビット」がフィーチャーされています。まだ普通の学校に通っている若いサイクロップスが登場したり、最後にチェンバーに閉じ込められた大勢のミュータントが登場したりと見所がたくさんあります。また最後の方に、体にラインの入った男と戦うシーンがありますが、これが「ウェポンXI」のようです。

「ウルヴァリン」他の予告編はこちら。

アイアンマン2のキャスティングに波乱・他 〜News Headline 03.02.09

<アイアンマン2、キャスティングに大波乱>
2010年公開予定の「アイアンマン2」。すでに重要なサブキャラであるジェームス・ローディー役のテレンス・ハワードが降板し、ドン・チャーチルに替わるなど、キャスティングが混乱中。すべての混乱は、主に出演料に関することだと報道されていますが、さて。

・「アイアンマン2」からグウィネス・パルトロウ演じる秘書が消える?
パルトロウが「まだ続篇の脚本をもらっていない」と言ったというだけの話です。ちょっと時期尚早ですかね。主演のダウニーJr.以外は、まだ全員脚本をもらってないらしいです。[eiga.com]



・スカーレット・ヨハンソンがエミリー・ブラントの代わりに『アイアンマン2』へ出演か?
ペパー・ポッツが出なくて、じゃあ誰がヒロインかというとブラックウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)という話です。本当ですかねえ…(過去のこの手の話はガゼが多かったので疑惑)。
ちなみに、エミリー・ブラントさんは先日『アイアンマン2』からの降板をはっきり公表しています。[シネマトゥデイ]



・‘Iron Man 2’ Rumors Cast Tim Robbins As Howard Stark, Hawkeye & Black Widow To Play Big Roles?
で、つまり、『アイアンマン2』には『アヴェンジャーズ』に先駆けてナターシャとホークアイがメインの役どころで出てくる、という噂なのです。これは去年末のニュースですが、ホークアイについてその後の情報はまだありません。[MTV]



・愛犬を亡くしたミッキー・ローク、『アイアンマン2』を降板!
マーヴルから正式にオファーされていたものの、結局降板。ギャラが「格安」だからだそうです。マーヴルって昔からどうもケチくさいイメージありますが。ちなみに彼が何の役だったかは謎のままです。[シネマトゥデイ]



・サミュエル・L・ジャクソンがマーベルと和解 『アイアンマン』続編ほか最大9作出演の長期契約と思いきや、こちらは和解成立。この先9作品の契約が結ばれたそうです。要するにこの先のマーヴル映画は、ほぼ全部ニック・フューリーが出るということになるのですね。うれしいことです。
[Variety Japan]



・『アイアンマン』手がけたVFX工房が閉鎖
[Variety Japan]



<その他のニュース>

・ウォシャウスキー兄弟が新しい『スーパーマン』映画を監督?
[シネマトゥデイ]



・スーパーマン登場のアメコミ誌が競売に、4千万円の高値予想
[CNN]



<今週の動画>
3月3日、米で発売になるDVDアニメ「ワンダーウーマン」の予告編。声の出演にはロザリオ・ドーソン、アルフレッド・モリーナなども。


「ドラゴンボール・エボリューション」テーマソングのオーケストラ演奏。今まで何となく追ってきていたので、何となくのせてみました。

2009-03-02 - Mitsuoka - Category: What's New- - TrackBack: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加