マイク・ミニョーラの新作「アメージング・スクリューオン・ヘッド」

 「ヘルボーイ」で知られるコミック作家マイク・ミニョーラが、5月、久々に新作コミックスを発表します。
 発売はダークホース・コミックス。タイトルは「アメージング・スクリューオン・ヘッド」。主人公はタイトル通り、スクリューオン・ヘッド=ネジ頭男。ミニョーラならではの奇妙で親しみやすいデザインのニューキャラです。

 スクリュー・オン・ヘッドはネジが頭なので、体から自由に離せるというネジ頭キャラクター。彼はミニョーラが子供のころに考えついたキャラだとか。それだけに、このコミックも100%ミニョーラが好きなように作った、まさに「ミニョーラワールド」。「ヘルボーイ」の世界には納まりきらない、自由な発想で作られているそう。時代も場所もどことも定かではない(全体的に19世紀を思わせるイメージではあるものの)、ゴシック・ホラー・ファンタジーだとか。いかにもミニョーラ好きしそうなヴィクトリア調デザインを取り入れた、アンティーク感溢れる世界観。いまにもギシギシ音を立てそうな道具やマシンがあちこちにちりばめられています。
 異世界からやってきたゾンビ軍団に脅かされる地球大統領はチーム「メカニカル・ヘッド」に援助を要請します。事に当たるのは「スクリューオン・ヘッド」と「ミスター・グロイン」、そして喋る犬「ミスター・ドッグ」。ゾンビ軍団を撃退する彼らの活躍はいかに。