「スパイダーマン」公開前からもう「2」の話

 現在、5月3日の「スパイダーマン」全米公開をひかえ、精力的にプロモーションに廻っているサム・ライミ監督。この週末は日本にも来日し、記者会見やインタビューを行いました。

 Movieholeによると、オーストラリアでのインタビューに答え、ライミ監督は「スパイダーマン2」の契約に先日サインしたと発言しているそう。
 それによると、続編ではライミ映画でお馴染みの俳優、ブルース・キャンベルが何らかの役につくだろうとこと。
 キャンベルは「スパイダーマン」ではカメオ出演しました。懸賞レスリングのアリーナにコーチ役としてちょい出しています。
 そしてカメオといえば「X-メン」に続いてスタン・リーも出演。編集の都合でほんとうにちょっとだけの出番のようです。

 今回の主演、トビー・マグワイアとキルステン・ダンストも続編の契約に正式にサインしているとのことです。

 そして、現在、ジャッキー・チェン主演「シャンハイ・ヌーン」の脚本や、新スーパーマンのTVドラマ「スモール・ビル」のプロデュースを手がけるアルフレッド・ゴフ、マイルズ・ミラーが脚本の候補になっているそう。

 ところで、次にひかえるサム・ライミ監督のプロジェクトは「死霊のはらわた4」。他にコミックヒーロー物は手がける予定はないけれど、特に好きなコミック「グリーン・ランタン」の映画化はいいかもね、とインタビューで語っており、期待が持てるかも・・・?

ウェズリー・スナイプスの次回作は「ブラック・パンサー」?「ブレイド3」?

 CINESCAPEによると、「ブレイド2」の米公開を間近に控えた主演、ウェズリー・スナイプスが次作で主演を狙うキャラクターは、「ブレイド」と同じくマーヴル・コミックスの「ブラックパンサー」だそうです。 [続きを読む...]